地域のとりくみ


バックナンバー | 旧地協のひろばの記事

 2017年度 

春闘決起ボウリング大会 in 名古屋

若手からベテランまで
楽しいひと時を過ごす

17春闘勝利 ガンバロー!
17春闘勝利 ガンバロー!

 4月21日(金)、「春闘決起ボウリング大会in名古屋」を開催し24名の仲間が集いました。

 春闘統一行動週間の4月21日(金)、3分会24名の参加で「春闘決起ボウリング大会in名古屋」を開催しました。名古屋市内での「集まる場」は12年の「名古屋の仲間のつどい」以来、約5年ぶり。
 共栄支部の古さんの始球式でゲームスタート。ストライクやスペアが出る度に各レーンから大きな歓声が起こりハイタッチで大いに盛り上がっていました。実力以上にスコアの伸びた人、思うような球が出ず首をかしげる人と悲喜こもごもながら、若手からベテランまで楽しいひと時を過ごすことができました。
 ゲーム後には遅れて駆け付けた仲間も合流し懇親会を開催。あいおい外勤支部・工藤さんの乾杯の後、お待ちかねの表彰式へ。男女別の1位から3位、レーン賞などなどなど「買って・食べて支援しよう」と用意した東北・熊本の物産をみんながゲット!誰もが笑顔の結果発表となりました。
 最後は共栄支部・重松さん、「春闘はこれからが本番、皆さん共にがんばりましょう!」の力強い締めのあいさつで、参加者全員17春闘に向けての奮闘を誓い合いました。

共栄の仲間 日新&共栄の仲間
共栄の仲間
日新&共栄の仲間
あいおい外勤の仲間 ストライク!おめでとう!
あいおい外勤の仲間
ストライク!おめでとう!
やったね!
やったね!




【広島発】 お花見会

世代を超えてつどい楽しいひと時に

 4月8日(土)、広島市内の公園で「広島の仲間のお花見会」を5分会24名の参加でひらきました。当日はあいにくの雨模様でしたが、仲間の機転で会場近くの公民館を確保し、無事、開催することができました。
 みんなが持ち寄った御馳走でテーブルはいっぱい。赤ちゃんからご年配まで、世代を超えてつどい、華やかな宴席となりました。最後に満開の木の下で記念撮影をし、楽しいひと時を過ごすことができました。

満開の木の下でみんな笑顔
満開の木の下でみんな笑顔




【大阪発】 近畿財務局回答引き出し行動

一歩踏み込んだ返答を厳しく要求

  4月7日(金)、大阪地域協力会有志で、先日の「みどうすじ総行動」で提出した要請書への回答を聞くため、金融労連・大阪国公の仲間とともに近畿財務局へ向かいました。

 朝ビラ宣伝の後、10時から交渉スタート。冒頭、「この間、『森友学園』をめぐる一連の問題で、近畿財務局の対応はまことに不誠実である。まずもって、私たちの要請に対し、“丁寧で、誠実な”対応を求める」と、申し添えたのち、当局からの回答を聞きました。
 にもかかわらず、近畿財務局からの回答は、「権限外」「管理監督する立場にない」「個社の判断」を繰り返すのみで、まともな回答は一切なし。参加者からは「森友学園問題の官僚間のやり取りでは“誠実に”回答を示しているのに、労働者の声には応えないというのはどういうことだ!」と当局の姿勢を厳しく糾しました。そして、「権限外というのであれば、権限のあるところに訊いて回答を示すのが筋ではないのか」と詰め寄り、「『金融庁に伝える』だけでは不十分、伝えたうえで、金融庁がどう言っているのかを示せ。逆に金融庁要請の際、『近畿財務局から聞いている』だけではだめ。一歩踏み込んだ返答をおこなうよう、伝えろ」と、きっぱりと述べ、終えました。金融庁要請は、4月14日(金)です。

近畿財務局前で朝ビラ宣伝 近畿財務局からの回答をきく
近畿財務局前で朝ビラ宣伝
近畿財務局からの回答をきく




【大阪発】 みどうすじ総行動

17春闘勝利に向けてアピール

 3月16日(木)、大阪地域協力会有志で「みどうすじ総行動」にとりくみました。

 大阪地域協力会は今年も地域春闘のシンボル行動である「みどうすじ総行動」に、大阪春闘共闘へ結集する大阪金融共闘・大阪国公の仲間とともに参加しました。
 朝8時、北浜でのビラ宣伝行動を皮切りに、昼休みには本町から大阪市役所まで御堂筋を逆行する求心デモへ。道行く市民・働く仲間に向け「賃上げで暮らしを良くしよう!」「長時間労働をなくそう!」とシュプレヒコールをあげ、17春闘勝利に向けてのアピールをおこないました。
 昼1時からは、銀行・信金・国公の仲間とともに近畿財務局へ。冒頭、大阪国公の仲間より森友学園問題や安倍政権が押し進める「働き方改革」の問題、そして各金融産業の要請内容を記した要請書を手交し、約1時間交渉を行いました。協力会のメンバーは全損保OBの代理店有志とともに、「事故あり等級制度」による「使えない保険」の問題、損保が介護事業などの他業種へ参入していることについての懸念などを訴えました。4月7日の第2次行動で当局より回答を引き出します。
 大阪地域協力会はこれからもメーデーへの積極的な参加など国民春闘の一翼を担っていきます。

ランチタイムデモでアピール 近畿財務局へ要請
ランチタイムデモでアピール
近畿財務局へ要請




【大阪発】 奈良・春日大社散策

5分会12名参加♪

 1月28日(土)、大阪地域協力会では1月とは思えないポカポカ陽気の土曜の昼下がりに、木漏れ日の参道を仲間どうし語らい、たくさんの鹿と戯れながら約3時間かけて春日大社、興福寺と散策しました。

 「近いけれど、足を運ぶ機会がなかったなぁ〜」「中学校の遠足以来やわ!」と、参加者全員、童心に帰り新春の古都で「大人の遠足」を満喫しました。
 参加者からは「次は、春闘期にもっと多くの仲間で何かやりたいね」との声も出て、日頃の忙しさから解放され、17春闘への英気を養うことのできた一日となりました。

鹿にはモテモテ? 木漏れ日の中を歩く
鹿にはモテモテ?
木漏れ日の中を歩く
春日大社の内宮にて
春日大社の内宮にて




【東京発】 新春ボウリング大会を開催

笑顔がはじけ歓声がこだまし
職場をこえて交流を深めました

78名の参加で大成功の新春ボウリング大会
78名の参加で大成功の新春ボウリング大会


 1月18日(水)、地域協働会東京が主催して「新春ボウリング大会」を東京:シチズンボウルで開催しました。当日は、11支部・分会と友好労組の損保料率機構労組、東京金融共闘(証券、信金)の仲間も含めて78名が参加し、ボウリングと懇親会を通じて交流を深めました。

“ハイタッチの嵐
ハイタッチの嵐
 地域協働会東京の小林さん(損保ジャパン支部)の開会あいさつに続いて、北川さん(Chubb Japan支部)の始球式を合図にゲームをスタートしました。ゲームが開始すると、ストライクやスペアを連発しハイタッチと拍手が途切れないチームがある一方、思うようにスコアが伸びず「レーンが合わないなあ」などと釈明に追われる人、「お酒が入らないとダメだな」とビールを買いに行く人など様々。それでも、最後はすべてのレーンで歓声と拍手が鳴りやまないほど盛り上がり、日頃の疲れをいやしていました。

どうしようスペア取れちゃった 危なかったー いやー参った どうよ 優勝狙ってます
どうしようスペア
取れちゃった
危なかったー
いやー参った
どうよ
優勝狙ってます

“お疲れ様でした
お疲れ様でした
 ゲーム終了後、フロアを移して表彰式を兼ねた懇親会を開催しました。地域協働会東京の吉田さん(日本興亜支部)の乾杯から懇親会をスタートし、参加していただいた友好労組や金融の仲間が紹介されました。ゲームで親しくなった人同士がテーブルを囲み、食事や飲み物を囲んでゲームの感想や職場のことなどで会話が大いに盛り上がりました。
 その後、参加した全支部・独立分会の仲間が自己紹介し、表彰式に移りました。個人(総合・女性)とチームの表彰をおこない、上位者には「震災を忘れず支援していこう」と、被災地である東北3県と熊本の物産品が贈られました。チーム優勝には、損保ジャパン支部チームが輝きました。

 今年のボウリング大会も、笑顔と歓声で大いに盛り上がり、職場をこえて交流を深める場として成功しました。





 2016年度 

【東京発】 全損保バーベキュー大会を開催

107名の仲間が
企業や職場をこえて交流

今年も多くの仲間が集まりました
今年も多くの仲間が集まりました


 4月23日(土)、全損保組織対策部と地域協働会東京が主催した「バーベキュー大会in夢の島公園」を開催。各分会の仲間やそのご家族、友好労組、金融共闘の仲間など、107名の仲間が集いました。遠くは札幌、広島、徳島からも駆けつける組合員もいて、地域や職場をこえて多くの参加がありました。

“島村食堂”も出店
“島村食堂”も出店
 このバーベキュー大会は、企業や職場の壁をこえて組合員が集い交流するとともに、春闘への結集をはかり、全損保の諸とりくみへの参加につなげることを目的に、例年東京地協とサマジャン実行委員会が力を合わせて開催してきたものです。今年度は、全損保組織対策部と地域協働会東京が企画・検討して開催しました。
 当日は、全損保組織対策部の田中常任による開会宣言を合図に、火熾しや食材の下ごしらえから、当日同じサイトになった仲間と協力して準備を進めました。普段し慣れない仲間も多く、最初はなかなか火がつかないなど、各サイトでは苦労していましたが、時間とともにチームワークよく肉や野菜が焼き上がり、晴天のもとでお酒も入り参加者同士の交流も深まりました。また、地域協働会東京のメンバーによる屋台も出店され、本格的なつまみも参加者に販売され、自らのテーブルで焼いたものとは違った食べ物にも舌鼓をうちました。

テーブルごとに仲良く 楽しいー
テーブルごとに仲良く
楽しいー

 お腹がいっぱいになってきたところで、ビンゴゲームをおこない、テーブルごとに盛り上がりました。賞品には、東日本大震災の被災地である福島、宮城、岩手、地震で大きな被害を受けている熊本、大分の名産品が並び、参加者が賞品を受け取るごとに会場のあちらこちらから歓声が上がりました。また、熊本地震被害への義捐金も訴えられ、総額28,500円が集まりました。この義捐金は被災地の自治体を通して被災地へ送ることとしています。
 参加者からは、「年齢差も仕事の内容も違う人が集まりましたが、楽しく話ができてよかった」、「他社の方々とも交流を深められるよい機会だと思います。来年も参加します」などの感想も寄せられています。
 東京地協を廃止しましたが、今年も地域協働会東京のメンバーがとりくみ、地域で職場をこえて組合員や家族が集まり、語り合い、交流を深めるバーベキュー大会となりました。

当たりー…だと思います 賞品いただきました
当たりー…だと思います
賞品いただきました
被災地支援お願いします ヤッター!
被災地支援お願いします
ヤッター!




【広島発】 4月9日(土) 広島の仲間のお花見会

集まって話せる仲間がいるって
大事だね♪

支部・分会を越えた地域の仲間の集まりを、これからも一つでも多くつくっていこう
支部・分会を越えた地域の仲間の集まりを、これからも一つでも多くつくっていこう


 4月9日(土)、広島市内の公園において「広島の仲間のお花見会」を開催、5分会14名の仲間で16春闘や職場のことなど大いに交流しました。


 「今年はながく花が楽しめるね!」見事な花を咲かせた桜の下、今年で4度目となる「広島の仲間のお花見会」をひらきました。今年も「玉子焼き」や「おにぎり」、手作りの「桜餅」など、みんなが持ち寄った一品がたくさん並び、敷物の上にも花が咲いたよう。そして、車座のあちこちでは話の花が咲いていました。日々の暮らしや家族のことなど話題が尽きることはありません。
 でも、最後はやっぱり職場の話題へ。みんなが、一人ひとりの話に真剣に耳を傾けます。「女性の“活躍”じゃなくて“活用”だよね」「毎晩遅くまで働かされている。家族とゆっくりする時間も持てない。懸命に踏ん張っているけど、いつまで持つか不安」「賃金だけじゃなくて、人も増やしてほしい」「メンタルをやられて退職せざるを得なかった仲間のことを思うと胸が痛む」と厳しい職場の現実が切々と語られました。
 「でも、今年も『お花見』できてよかった。集まって話することが大事じゃけん」と口々に言う仲間。「支部・分会を越えた地域の仲間の集まりを、これからも一つでも多くつくっていきたい」と参加者全員、そのことを強く感じることのできた今年の「お花見会」でした。

桜の木の下 みんなで交流♪ 咲き誇る花と桜吹雪 一緒に楽しみました
桜の木の下 みんなで交流♪
咲き誇る花と桜吹雪 一緒に楽しみました
おにぎり、おいしい? 春闘や職場のこと 色々話しました
おにぎり、おいしい?
春闘や職場のこと 色々話しました






このページのTOPへ